MENU
CORE Corporation CORE Corporation
  • HOME >
  • 室内に犬小屋を設置しよう!おしゃれなデザインで大型犬にも◎

室内に犬小屋を設置しよう!おしゃれなデザインで大型犬にも◎

室内に犬小屋を設置するなら、日当たりや風通しが良く、家族が集まる場所がおすすめです。インテリアとの調和もポイントになりますので、デザイン性もチェックしましょう。“MIKE & CHIALI'S HOUSE”は、グレーカラーにぱっちりお目目のおしゃれなデザインで、室内に置いてもインテリア映えする犬小屋です。小型犬におすすめのSサイズ、大型犬が入れるLサイズの2種類をご用意していますので、ニーズに合わせてお選びください。

室内に犬小屋を設置するならココ!

室内に犬小屋を設置するならココ!

犬も人間もリラックスして過ごせるリビング

室内に犬小屋を設置するのであれば、愛犬が快適に過ごせる場所がポイントです。おすすめの場所としては、リビングなど家族が集まるところ。犬は群れで行動する習性があるため、人がいる環境は安心します。

また、日当たりや風通しが良い場所、そしてテレビやオーディオ機器から離れた場所を選びましょう。犬は暑さにも寒さにも弱いので、明るく風通しの良い場所が最適です。ただ、風通しの良い場所と言っても、エアコンの風が直接当たるような位置は避ける必要があります。

また、フローリングの部屋に設置すると掃除が楽です。こうした理由から、犬小屋はリビングへの設置がおすすめです。

室内に犬小屋を設置するときのポイント

初めて犬小屋を置いたとき、見知らぬ場所に緊張してしまう犬もいるかもしれません。そこで、慣れるまで好きなニオイがついたものを置いたり、犬が安心できる場所であることを教えたりして、安心させてあげましょう。おやつや大好きなおもちゃなどを犬小屋の中で与えるようにすれば、犬にとっては好きなものがもらえる良い場所であると認識するようになります。

“MIKE & CHIALI'S HOUSE”は、Lサイズのみ内部可動棚が2枚付いているため、ごはんやおやつを置くのにぴったりです。大型犬や多頭飼いの場合は、ぜひLサイズをご検討ください。

こんなところに設置をするのはやめよう

こんなところに設置をするのはやめよう

犬小屋を室内に設置するにあたっては、避けた方がいい場所もあります。その一つは、人の出入りが激しい玄関です。人の出入りが激しい場所は、犬が落ち着いて休むことができなくなります。

人の出入りがあるたびにストレスが溜まってしまいますので、たとえ玄関でなくても扉のそばや部屋と部屋の境目なども避けた方がいいでしょう。また、窓際も避けた方がいいです。冬場は直射日光が当たるので暖かくて気持ちがいいかもしれませんが、特に夏の日差しには十分な注意が必要です。いくらエアコンをつけていたとしても、窓際はかなりの高温となり、熱中症の危険があるからです。

“MIKE & CHIALI'S HOUSE”は耐久性に優れているものの、やはり直射日光に長時間さらされているとダメージを受けてしまいますので、ご注意ください。

室内に置く犬小屋の種類と“MIKE & CHIALI'S HOUSE”の特徴

室内に置く犬小屋には、いくつか種類があります。

ケージ

檻のように床面・側面・天井の全方向に囲われた犬小屋です。中からも外からも状況を把握しやすく、犬が飛び跳ねて外に出る心配もありません。

サークル

側面のみ囲う犬小屋で、天井は空いている状態です。愛犬とのコミュニケーションはとりやすくなりますが、大型犬は飛び出てしまうこともあります。

クレート

プラスチックなどでできた箱型の犬小屋です。普段は室内で犬小屋として使用し、移動用のキャリーバッグにすることもできます。

“MIKE & CHIALI'S HOUSE”

犬小屋の定番とも言える、家の形をした犬小屋です。床面・側面・天井がしっかり囲われており、適度な暗さと狭さで犬も安心します。出入口はオープンなので、お留守番のときはサークルと併用すると安心です。

室内犬の居住環境を整えるデザイン性の高い犬小屋

室内犬としての歴史が長くなったとはいえ、犬は広すぎず狭すぎない丁度いいサイズの 犬小屋を、本能的に安心できる場所だと認識してくれます。 それは、人が居住環境に快適さを求めるのと同じで、犬も自分にとって快適な場所を 必要としているからです。室内でも愛犬がストレスなく過ごせるように、 犬の習性や体質に合った犬小屋を設置して、居住環境を整えてあげませんか。

マイクとチアリの家オフィシャルWEBサイトでは、耐久性に優れた屋内専用の 犬猫兼用ハウス“MIKE & CHIALI'S HOUSE”を扱っています。 音楽・ストリートカルチャーの要素を取り入れたペットハウスは、インテリアとしても おすすめです。落ち着いたグレーカラーで、付属のステッカーで自分好みにデザイン できる楽しさがあり、室内に設置するだけでインテリア映えします。

室内に犬小屋を設置する際は、インテリアとの調和もポイントになります。おしゃれなデザインの犬小屋をお探しでしたら、「かわいい!」「かっこいい!」などのお声をいただいている、犬猫兼用ハウス“MIKE & CHIALI'S HOUSE”をお役立てください。音楽・ストリートカルチャーの要素を取り入れており、おしゃれな見た目はもちろん品質にもこだわりました。ぜひご覧ください。

ペットハウス“MIKE & CHIALI'S HOUSE”

TOP