MENU
CORE Corporation CORE Corporation
  • HOME >
  • 睡眠から見る猫の生活について

睡眠から見る猫の生活について

猫にとって睡眠は本来、狩りや縄張り争いに備えてエネルギーを蓄えるために必要なことです。狩りや縄張り争いをしない飼い猫の場合も、睡眠をとるのは大切なこととなります。猫が安心して過ごせるペット用品をお求めの際は、おしゃれな見た目で、脚を取りつければキャットタワーにもなる犬猫兼用ハウス“MIKE & CHIALI'S HOUSE(マイクとチアリの家)”はいかがでしょうか。

猫の一般的な睡眠時間

猫の一般的な睡眠時間

本来であれば狩猟する動物として生きてきた猫は、14時間~16時間という1日3分の2ほどの睡眠時間を要します。理由は、常に繰り広げられる狩りや縄張り争いなどに備えて、極力たくさんのエネルギーを蓄えるためだといわれています。

人間同様にレム睡眠とノンレム睡眠の繰り返しですが、猫の睡眠はほとんど浅い眠りであることが特徴です。深い眠りは1回に7分程度、1日でも合計60分程度とかなり短めです。

それは、敵に襲われたときにすぐに逃げられるようにするためですが、飼い猫の場合は敵に襲われる心配がないので、野良猫よりも深い眠りの時間が長いといわれています。

寝相でわかる猫の気持ち

寝相でわかる猫の気持ち

猫も人間同様、様々な寝方・寝相をします。お腹を見せて寝ている姿は、とても愛らしく、飼い主や生活環境にとても安心している状態を示します。高い場所で眠るのは、誰にも睡眠を邪魔されたくないと思っているからです。

眠りながらピクッと動くこともあり、これは夢を見ているからです。いろいろな寝方・寝相の猫を見ていると、こちらもリラックスできます。また、猫の寝方・寝相は単純にかわいいだけではなく、健康状態を把握することもできます。

不自然ないびきを繰り返し行なっている場合は、風邪をひいている可能性や呼吸器に障害をきたしている可能性もありますので、寝ている姿はしっかり観察しておきましょう。

愛猫の寝るタイミングは飼い主に合わせられる?

猫は常にマイペースで自由気ままな動物です。基本的には夜型で、朝から夕方にかけて眠り、夜には活動を開始するというのが猫本来の生活リズムです。

しかし、人間と暮らしていくと同じような生活リズムを過ごすことができるようになります。飼い主が起きている時間でなければ、ごはんもなく遊んでもくれないので、必然的に日中活動しだします。

猫にとって、これは健康面での害はなく、むしろ飼い主とのスキンシップが取れるようになりますので、良好な関係性が築けるようになるメリットもあるのです。

愛猫が安心して過ごせる空間を確保できるペット用品が、キャットタワーやゲージです。マイクとチアリの家オフィシャルWEBサイトでは、屋内専用のおしゃれな犬猫兼用ハウスの通販を行っております。

音楽とストリートカルチャーの要素をMIXした、おしゃれでユニークなデザインのペットハウスです。通販でのみ提供しているペット用品ですので、ぜひチェックしてください。

ペットハウス“MIKE & CHIALI'S HOUSE”

TOP